身体の悩み

身体のお悩み改善

ビキニラインの陰部に痛い毛嚢炎が出来る原因と対処法とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

ビキニライン 毛嚢炎

ビキニラインに毛嚢炎ができてしまうと、治るまでしばらくの間痛みに耐えなくてはなりません

 

水着を着る為に毛抜きなどでビキニラインのムダ毛を処理することが原因で毛嚢炎を引き起こしてしまうケースが多発していますが、痛みと見た目の醜さでとても水着を着る気にはなれない筈です。

 

ビキニラインにできやすい毛嚢炎は一見ニキビのように見えますが、ニキビではなくブドウ球菌に感染して引き起こされる細菌感染トラブルです。

 

ビキニラインは乾燥や摩擦による色素沈着が起きやすい一方、蒸れやすいのでこういった感染トラブルに見舞われやすい厄介な部位です。

 

 
特に夏場は毛嚢炎の発症率が上昇しますし、重ね着によって激しく蒸れる冬場も油断大敵です。

 

最初は毛穴が膿で白く盛り上がる症状、赤みを帯びた湿疹ができる症状から始まりサイズも小さいものの、次第に熱を放つようになりサイズも大きくなります。しこりが硬くなり痛みも強く出るようになるでしょう。

 

軽度なら放置しても自然治癒することがありますが、既にじんじん痛むような場合、皮膚科や婦人科で抗生物質、軟膏治療を行う必要があります。

 

膿が激しく出ている場合、皮膚を切開する処置が行われることも。

 

どうしても病院で診て貰うのに抵抗を感じるなら、抗生物質配合の医薬品、ドルマイシン軟膏を試してみて下さい。

 

 

毛嚢炎トラブルを招きやすい毛抜き処理を避け、普段から通気性の良い下着を選び入浴中は抗菌作用に優れた石鹸でしっかりビキニラインを洗いましょう。

 

 

タグ :  

ビキニライン   コメント:0

ビキニラインに色素沈着ができる4つの原因とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

ビキニライン 色素沈着

ビキニラインに色素沈着が起こってしまった場合、主に4つの原因が考えられます。

 

まず、下着や衣類による摩擦で肌が刺激を受けてしまったことが原因で、色素沈着が起こるケースも珍しくありません。

 

皮膚は外部から刺激を受けると、自動的に防御反応が働きメラニンを生成し、ターンオーバーを促進し角質層の厚みを増します

 

摩擦による摩擦黒皮症も角質が厚くなる過角化も、ビキニラインの皮膚から透明感を奪い、黒ずんで見せてしまう原因です。

 

ナイロンなど人工繊維の下着も避けた方が無難ですし、小さいサイズの下着で下半身が締めつけられ、摩擦が起きやすくなることも。

 

 
身体にぴったりフィットするジーンズにも警戒しましょう。

 

また、蒸れやすいビキニラインにニキビができたりかぶれたりして炎症が引き起こされ、その結果色素沈着が起こるケースもよくあります。

 

 
通気性が著しく悪くなる上肌も不安定になる生理の時に要注意です。

 

また、毛抜きやカミソリなど肌に負担をかけるセルフ処理方法が原因でビキニラインが黒ずんでしまっている確率も高いでしょう。

 

セルフ処理は使う道具に気をつけないと、ビキニラインが黒ずみや肌トラブルで汚くなる恐れが強いのであまりオススメすることはできません。

 

その他、妊娠や出産がきっかけで女性ホルモンのバランスが崩れ、ビキニラインなどに色素沈着が起こるケースもあります。

 

月経不順や更年期障害が原因でビキニラインの皮膚の色素が濃くがなる可能性もありますが、ホルモンの状態が落ち着けば次第に黒ずみは目立たなくなります。

 

 
ビキニラインの色素沈着用のスキンケアならこちらが人気です♪『デリケートゾーンの黒ずみ』ケアのランキング★第1位★
デリケートゾーンの黒ずみ専用ジェル!【イビサクリーム】
 
黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

 

タグ :

ビキニライン   コメント:0

ビキニラインの処理に毛抜きを使うのは危険でNGなの!?

読了までの目安時間:約 3分

 

ビキニライン 毛抜き

ビキニラインに毛抜きを使うのは、あまりにも無謀過ぎます。

 

基本的にムダ毛の自己処理方法は抑毛ローション以外、全部肌への負担が強いのでオススメすることはできません。

 

中でも、特にリスクが高いのが"抜く"という処理です。

 

下着で擦れて皮膚の表皮細胞がガタガタになり、慢性的に乾燥しやすいビキニラインは、いつ色素沈着が起きてもおかしくありません。

 

実際、ビキニラインだけ妙に黒ずんでしまっている方も少なくありません。

 

乾燥が黒ずみを引き起こすことはあまり知られていませんが、ただでされ下着の摩擦で強い負担がかかっているビキニラインに毛抜きを使うのは本当に危険な行為です。

 

 

そもそもビキニラインは毛抜きを使った時の痛みに耐えられない程、皮膚の厚みがありません。

 

たった1本処理するだけで、相当な痛みを我慢しなければなりません。

 

 
「いつも毛抜きで処理しているから、今はもう慣れて痛くない」なんて方もいらっしゃいますが、痛点が麻痺する程処理を繰り返しているなら、恐らく見た目にもビキニラインが荒れている筈です。

 

ビキニラインのムダ毛を毛抜きで繰り返し処理すると、どんどん黒ずみが進行し、埋没毛や毛嚢炎トラブルでボロボロになります。

 

毛抜きで強引に体毛を抜かれた後の毛穴は完全に閉じにくく、常に毛穴が開いた状態になる為、こういったトラブルに見舞われやすくなります。

 

毛穴トラブルが落ち着いても、その影響で更に毛穴周りが黒ずんでしまう可能性はおおいにあります。

 

 
毛抜きの他、ワックスやテープなど“抜く”タイプのムダ毛処理方法は避けた方が無難です。

 

 

タグ :  

ビキニライン   コメント:0

あなたのビキニラインが汚い3つの要因とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

ビキニライン 汚い

ビキニラインが汚い理由は3つ考えられます。

 

まず、多過ぎる体毛、長過ぎる体毛が下着からはみ出している場合、もじゃもじゃと不衛生な印象を与えかねません。

 

ビキニライン専用のヒートカッターで毛の勢いを抑え、形を整えましょう。

 

次に、湿疹やニキビ、角栓などできものができている場合も、見た目に汚いですよね。

 

間違ったムダ毛の自己処理が原因になることもありますし、肌の負担になりやすい化学繊維素材の下着のせいで状態が悪化している恐れもあります。

 

まずは清潔な状態を心がけ、デリケートゾーン専用の軟膏でお手入れしましょう。

 

かゆくてどうしてもかいてしまうなら、小林製薬のデリケートゾーンに特化したかゆみ止め、フェミニーナ軟膏が重宝します。

 

赤いポツポツが出ているなら、かゆみを止めながら湿疹やガタガタになった皮膚組織も修復してくれる池田模範堂のケアレスケアがオススメです。

 

こちらも、ムダ毛処理後の肌トラブル専用の市販薬なので安心です。

 

また、このような皮膚トラブルをこじらせてしまい、既に黒ずみになっている場合こそ、最も避けたいデリケートゾーンの皮膚トラブルです。

 

 
黒ずみになってしまっているビキニライン、色素沈着が起こってしまっているビキニラインを元の状態に戻すのは一筋縄ではいきません。

 

薬用アットベリーやピーチローズ、ピューレパールなど、デリケートゾーン用に開発された黒ずみ対策ジェルで根気良くお手入れするしかありません。

 

血流が滞っていると新しい皮膚が再生されにくいので、下半身を締め付けないサイズの下着を選ぶことも重要です。

 

 

タグ :  

ビキニライン   コメント:0