身体の悩み

身体のお悩み改善

あなたのビキニラインが汚い3つの要因とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

ビキニライン 汚い

ビキニラインが汚い理由は3つ考えられます。

 

まず、多過ぎる体毛、長過ぎる体毛が下着からはみ出している場合、もじゃもじゃと不衛生な印象を与えかねません。

 

ビキニライン専用のヒートカッターで毛の勢いを抑え、形を整えましょう。

 

次に、湿疹やニキビ、角栓などできものができている場合も、見た目に汚いですよね。

 

間違ったムダ毛の自己処理が原因になることもありますし、肌の負担になりやすい化学繊維素材の下着のせいで状態が悪化している恐れもあります。

 

まずは清潔な状態を心がけ、デリケートゾーン専用の軟膏でお手入れしましょう。

 

かゆくてどうしてもかいてしまうなら、小林製薬のデリケートゾーンに特化したかゆみ止め、フェミニーナ軟膏が重宝します。

 

赤いポツポツが出ているなら、かゆみを止めながら湿疹やガタガタになった皮膚組織も修復してくれる池田模範堂のケアレスケアがオススメです。

 

こちらも、ムダ毛処理後の肌トラブル専用の市販薬なので安心です。

 

また、このような皮膚トラブルをこじらせてしまい、既に黒ずみになっている場合こそ、最も避けたいデリケートゾーンの皮膚トラブルです。

 

 
黒ずみになってしまっているビキニライン、色素沈着が起こってしまっているビキニラインを元の状態に戻すのは一筋縄ではいきません。

 

薬用アットベリーやピーチローズ、ピューレパールなど、デリケートゾーン用に開発された黒ずみ対策ジェルで根気良くお手入れするしかありません。

 

血流が滞っていると新しい皮膚が再生されにくいので、下半身を締め付けないサイズの下着を選ぶことも重要です。

 

 

タグ :  

ビキニライン   コメント:0

ビキニラインのお手入れに毛抜きを使うのがNGな理由とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

ビキニライン お手入れ

ビキニラインのお手入れに、毛抜きは不向きです。

 

眉毛やちょっとした産毛の処理に便利な毛抜きですが、アンダーヘアのお手入れには向いていません。

 

同じ体毛でもパーツによって毛量や毛質は違いますよね。

 

ビキニラインの体毛、陰毛は太く丈夫な毛質をしていることが多く、毛抜きで抜いてしまうと埋もれ毛になる確率が高くなります

 

毛抜きで体毛を抜いた後、新しい毛が生えてくるまで毛穴が閉じた状態になることがよくあります。

 

皮膚の中で成長した毛はやがて皮膚の外に出て来ますが、閉じている毛穴の中ではぐるぐると丸まるしかありません。

 

これが埋没毛、埋もれ毛と呼ばれる皮膚トラブルですが、黒い点状になり見た目も著しく損ねますし、埋もれ毛が広範囲に及ぶと黒い湿疹のように見えて不気味な印象を与えてしまいます。

 

 
触った感触もぼこぼこして、気味が悪い状態に。

 

そもそもビキニラインは蒸れやすいので、埋もれ毛にならなくても、抜いた後の毛穴が赤く炎症を起こし、湿疹状態になることもあります。

 

いくらムダ毛がなくても赤いポツポツが目立ってしまっては、意味がありません。

 

ビキニラインのお手入れを自力で行った結果、肌がぼろぼろになってしまっているケースも少なくありません。

 

また、ビキニラインの毛を毛抜きで抜き去るには、強烈な痛みに耐えなくてはなりません。際に行けば行く程、激痛を伴います。

 

ブラジリアンワックスなら一気に処理することができますし、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛も毛抜きほど強烈な痛みを伴うことはありません

 

 

タグ :   

ビキニライン   コメント:0