身体の悩み

身体のお悩み改善

お風呂やお湯で身体のかゆみが出るのは病気なの?原因は何?

読了までの目安時間:約 3分

 

風呂かゆみ

かゆみはお湯、お風呂で軽減させることができます。

 

保湿効果の高い入浴剤を入れて入浴すれば、乾燥によるかゆみ対策にもなりますし、お風呂ではリラックスできるのでかゆみを感じる程ストレスを感じている時にもぴったりです。

 

ただし、お風呂に入ると逆にかゆみ症状が激しくなる場合、温熱じんましんの恐れがあります。

 

快適ですっきりする筈のお風呂で肌がかゆくなる場合、温熱じんましんを発症する体質を疑ってみましょう。

 

寒い冬場、エアコンやストーブなどの温風、コタツなどの暖房器具に近づくことで肌がかゆくなった経験がある方も要注意です。

 

 
入浴中、太ももや腕がかゆくなり、入浴後はどんどんかゆみが増す場合も温熱じんましんの疑いが濃厚です。

 

 

身体を激しく動かしたりスポーツ中汗をかくと肌がかゆくなるタイプの方も温熱じんましんの確率が高いと考えられます。

 

まだまだ分かっていないことが多い温熱じんましんですが、今のところかゆくなる原因はヒスタミンとされています。

 

お風呂や運動で体温が上昇し、発汗することで肥満細胞からヒスタミンが大量に放出され、神経にも刺激が与えられ皮膚にかゆみが生じます。

 

ヒスタミンは毛細血管にも刺激を与えるので、肌がかゆくなると同時に皮膚が腫れたり赤くなる症状に見舞われるケースも珍しくありません。

 

温熱じんましんが疑われる以上、お風呂に入る時も熱いお湯を避けぬるま湯に浸かり、汗をかくようなハードな運動は控えた方が無難です。

 

暑い夏場はこまめに冷たいシャワーを浴びることで体温の上昇を抑えることができますし、身体を温めないようにする対策が有効です。

 

 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0