身体の悩み

身体のお悩み改善

誰でも出来る!身体の痒みを和らげる簡単な3つの食べ物とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

痒みを和らげる食品

痒みを和らげる為にしょっちゅう薬を使っていると、副作用が心配ですよね。

 

もちろん痒みに耐え切れずにかきむしって皮膚を傷つけてしまわないよう、緊急の時には薬剤の使用もやむを得ません。

 

ただ、肌になるべく負担をかけない為にも薬以外の痒み対策法も積極的に試してみて下さい。

 

例えば痒みを和らげると評判な食品が、玉ねぎです。

 

玉ねぎ自体、血液サラサラ効果で知られていますが、痒み対策では玉ねぎの表面を覆う皮を使います。

 

表皮を刻んで細かくしたものをお湯に浸して飲んだり、ブレンダーで粉末にして飲むことで痒みに効くそうです。手っ取り早く玉ねぎ茶を飲む方法でも良さそうです。

 

また、レモンに含まれるビタミンCも痒みの原因となる有害物質の毒を消す働きがある為、フルーツジュースやミネラルウォーターにレモン汁を搾って飲むのもオススメの対策です。

 

レモンなどの果物を絞るのが面倒なら、柑橘系フルーツの100%エキス、ストレートジュースを常備しておきましょう。

 

 
こういった食べ物を使った痒みを和らげる方法は、あくまでの自然療法であって薬ではありません。

従って痒み止め程即効性はありませんし、必ず効くとは限りません。その代わり、薬のような副作用も心配ありませんし、依存性もありませんので安心して頼ることができるのではないでしょうか。

 

また、最近アトピーや花粉症などアレルギー性皮膚炎による痒みは、ヨーグルトなどを食べる事によって腸内環境を改善することで緩和すると言われています。

 

お腹の中をキレイにする食物繊維や乳酸菌をたくさん含む食べ物も、普段から意識して食べるようにしましょう。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

そばアレルギーの危険性とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

そばアレルギー

食物アレルギーのなかでも日本人に多くみられる食物のひとつが、そばアレルギーです。そばアレルギーは「アナフィラクシーショック」と呼ばれる重篤なショック症状を引き起こす危険性をもつアレルギー症状です。

 

食べ物の好き嫌いだけでなく生死にかかわる病気といえるそばアレルギーには、本人だけでなく周囲の人にも正しい知識を持つことが求められます。

 

そばアレルギーの症状は多岐にわたります。皮膚への反応としては、全身にじんましんが出たり口の周りの赤く腫れあがったりします。のどのイガイガ感やぜんそく、咳き込みのような呼吸器の症状、下痢や嘔吐といった消火器の症状もそばアレルギーにはよく見られます。

 

また、そばアレルギーでは全身が紫色に水ぶくれしたり呼吸困難になって窒息することもあるので注意が必要です。

 

 
実は、そばアレルギーにはまだ有効な治療方法が確立されていません。そばアレルギーの対策としては基本的にそばを食べないようにすれば大丈夫ですが、そばではないと思って食べたものにそばが含まれてこともあるので注意しましょう。

 

アナフィラキシーショックを起こしうるそばアレルギーの場合はこういった事態にとくに注意する必要があります。

 

たとえば、うどん屋でうどんを食べたところそばと一緒にゆでていてそばが混入したためにアレルギー症状が出ることがあります。そばアレルギーの症状が重い人だとそば屋の前を通るだけでも症状が出る場合もあるので、周囲の人は各人のアレルギー体質がどれだけ敏感かということも知っておきましょう。

 

このように、そばアレルギーは重篤な症状を起こしうるため、そばには食品表示義務があります。食品を買う際には、そばが使われているとは一見思えない食品であっても念のため表示を調べるようにしましょう。

 

また、そばアレルギーの人は、ショック症状が起きたときに対処する薬として「エピペン」といわれる注射を持つことも万が一の対策として有効です。

 

そばアレルギーに悩む子どもたちのためのレシピ集も出版されているので、上手にそばアレルギーと付き合っていく前向きな姿勢が大切です。

 

 

タグ :    

アレルギー   コメント:0